今年あんまり更新できないと思いますがネタはあるの

へるぷ

2006年5月22日 管理運営人 swee

なにかわからないことがあったらここを見て下さい。質問も受け付けます。

リンクについてはこちらです。

※徐々に追加していく予定です。


フリーソフトで使いやすいものを紹介します。


それぞれの利用方法です。


ネット声優とは

ここではネット声優さんについて説明していきます。初めてネット声優という単語を聞いた人にはなにそれといった印象の言葉ですが、同人・創作の世界では、色々な呼ばれ方がありますが欠かせない存在の方たちです。

一番上へ

名称・概要

ネット声優さんたちとはどんな方なのか、述べます。

まず「ネット声優」は色々な呼ばれ方をします。ボイスドナーボイスコーポレーター、略してボイスコや、声の活動者声使い声の提供者などとも呼ばれています。厳密にはそれぞれ意味が違います、と言いますかまったく別のものと捉える方もいらっしゃるでしょうが、このサイト内で以上の区別はネット上でボイスサンプルを公開している人であれば、大した意味を持たないのでここではネット声優として説明していきます。ネット上でボイスサンプルを公開していないネット声優さんもいらっしゃいますが、公開している前提で話を進めます。

一番上へ

活動

ネット声優さんがどんな活動をしているかというと、こんな感じです。

  • ボイスドラマ(オーディオドラマ)
  • ラジオ(ネットラジオ)
  • ゲーム
  • アニメ
  • その他(ウェブサイト用ボイスなど)

活動の内容は一般の声優さんと同じです。しかし主にやることはかなり違います。一般の声優は主にスタジオで演者そろって収録しますが、ネット声優は主に自宅で一人で収録します。そしてそれをネットを介して転送します。ここがネット声優と言われる所以かと思われます。

実際には、スタジオで収録することもたぶんにあります。

一番上へ

目的

人それぞれですけど、大半が趣味だと思います。趣味なので、何か依頼をしても無償だったりとっても安価だったり、参加した作品そのものを報酬としたりします。

一番上へ

ネットヴォーカルとは

主にネット上で活動するヴォーカルです。これもやはりネットを介してデータを送るのが主ですがスタジオ収録もしたりします。

一番上へ

依頼するのは企画者

ネット声優ネットヴォーカルに何か依頼するのはどんな人たちかを説明していきます。

一番上へ

名称・概要

依頼をするのは大体なんらかのサークルです。同人音楽サークルだったり、ボイスドラマサークルだったり。

ここでは何かの企画を立てる者という意味で、「企画者」と呼ぶことにします。

企画者は自分の作品を完成させる上で、なんらかの形で声・ヴォーカルを必要としている人たちです。

一番上へ

活動

企画者の活動はあまりにも多岐にわたるため省略させていただきます。このサイト内での企画者とは声の依頼をする人全般を指します。大きく分けて同人と企業の二つがあると思います。

目的

企画者も人によりますが基本的には趣味でやっていることなので、目的はお金ではありません。ただ、もしかしたら商業作品の依頼があるかも。それは企画者の立場(同人・企業)によって違うでしょう。

一番上へ

相互関係

企画者とネット声優の相互関係について述べます。

まず、ネット声優さんは企画がなければ何もすることがありません。もちろん自分で企画を立ててやったりすることもできますが、それは自己生産でも企画を立てているのですから、やはり企画が必要です。

企画者は何か「これがやりたい!」と思ったとき、声が必要になる場合があります。例えば自作のゲームに声を入れたいという時や、ボイスドラマを作るので役を演じてくれる人が欲しいなど。この企画者さん達もたいていアマチュアなのでプロを雇うというのはなかなかできないので、そんな時ネット声優さんに依頼します。

よってネット声優は企画者あっての活動と言えます。また企画者もネット声優がいるからこそ自分の企画を簡単に進めることができます。共生の関係と呼べるでしょう。

一番上へ

ボイスサンプルとは

以上に挙げたネット声優ネットヴォーカルは「ネット」とつくだけあって自分のサイトを持っていることが多いです。

その自分のサイトで、自分の声のサンプルとして置く物がボイスサンプルです。実はこのボイスサンプルがネット声優をやっていく上で結構重要なのです。自分の声をアピールするために置くのですから、その内容は良く吟味しなければなりません。

ネット声優なら演技力と声のイメージ、ネットヴォーカルなら歌唱力や声のイメージをアピールするわけです。

サンプルボイス

サンプルボイスという単語も良く聞きます。ボイスサンプルと同じ意味で使われることも多いのですが、ぼいさん。では区別して使用することにしました。

ではどう区別するのか?と言いますと、ボイスサンプルは、声優さんの声のサンプル。サンプルボイスはキャラクターのサンプルの声。つまり、概ねボイスサンプルは声優さんのサイトで、サンプルボイスは企画のサイト(キャラクター紹介ページなど)で使われる用語ということになります。

決めたばかりなので、違う場面で使用している場合があるかもしれませんが御了承下さい。

一番上へ

ボイスサンプルの役割

ボイスサンプルの役割は前述の通り自分の声をアピールすることです。その中でネット上に公開するボイスサンプルの直接的な役割は大きいです。

声をアピールすることが直接どういう役割を果たすかというと、依頼を増やすことです。

そのボイスサンプルを聞いて企画者は依頼をするかどうかを決めるのですから、ボイスサンプルの良し悪しで依頼数は変わるのです。ネット声優さんは声の活動をしたいからネット声優をしているわけであって、声活動の元となる企画や依頼なしのネット声優では何のためにやっているのかわかりません。しっかりと活動をするためにボイスサンプルは手を抜いてはいけない部分です。

一番上へ

ボイスサンプルセリフ選び

さて、ボイスサンプルでアピールしたいところは人によって違うでしょう。アピールするべきポイントにあったセリフを使わないとまったくサンプルとして参考になりません。ボイスサンプルのセリフ選びは重要な分岐点です。

しかし、そういった自分をアピールするセリフはなかなか思いつくものではありません。このサイトはボイスサンプルのセリフを素材として配布しているサイトです。自分にあったセリフを探してみて下さい。

一番上へ

声活動の求人形態

声の活動がどのような流れで始まるか箇条書きで書いてみます。

一番上へ

企画者がネット声優に依頼する

企画者側がネット声優さんに○○の役(仕事)をやってくれないか、依頼するタイプがこれです。

これは企画者がネット声優のサイトを見てボイスサンプルを聞き、今企画で必要としている声のイメージにぴったりだったときにとられる手法で、企画者がネット声優と知り合いの場合が多いです。

ぼいさん。のボイスサンプルセリフ素材で依頼を増やすターゲットにしているのはこの形態です。サイトで自分の声をボイスサンプルで十分にアピールできればこのタイプの求人は増えると思います。

一番上へ

企画のオーディション

企画者が自分の企画サイトで、声をやってくれる人を募集している場合があります。大抵は早い者勝ちではなく、オーディション形式です。企画者が立候補者を募りそこから選定をする手法で、最近はこれが恐らく主流です。

企画者は募集を告知して良い掲示板などに、募集を掲載したりします。ぼいさん。にもありますのでたまに覗いてみて下さい。

一番上へ

オーディション参加依頼

企画者がオーディションに参加しませんか?とネット声優さんに打診するタイプです。ボイスサンプルを聞いてみてイメージが固まらないけどもしかしたら、良いかもと思ったときなどこの手法で求人します。もちろんオーディションは掲示板などに告知した上での打診です。


オーディションとは、テストを受けさせより良い結果を出した者に合格を与えるという競合システムのことです。企画者さんが役にオーディション形式で声をやってくれる人を募集しているなどの場合にこの言葉を聞くと思います。

一番上へ

sweeについて

sweeとはこのWEBサイトのマスターをしている人であり、同時にこのサイトを作っている人です。mixiで日記を書いてます。詩や詞も書きます。歌や句も詠みます。とある方が大好きです。声の活動してる人を応援しています。

ブログswee's triflingblogを開設してみました。

この際登録はご自由に。

  • MSNメッセンジャーアカウント:suisui_0920@hotmail.com オンラインかオフラインか表示中
  • Yahoo!メッセンジャーアカウント:suisui0920
  • Skypeアカウント:siwasudasinzi

登録すると色々特典がついてきます…?サイトの更新情報を先取りできたり。Yahoo!よりMSNの方がメインです。表示名が変えられるのが大きいですよ。そして、Skypeは登録するとわたしと会話できますよ。変な声ですよ。いきなり話しかけられても平気な時は出ます。

一番上へ

質問は?

何かこのサイト内で気にかかることやsweeに聞きたいことがある場合はへるぷ質問とオケ素材申請をお使い下さい。

一番上へ